埼玉の通信制高校の特徴の比較

バンタンゲームアカデミーでは流行のEスポーツを取り入れている

埼玉県の通信制高校は比較的多く、10校以上存在します担当の講師が合わない場合は担当を交代することができるバンタンゲームアカデミーでは流行のEスポーツを取り入れている

また、バンタンゲームアカデミーでは流行のEスポーツを取り入れた授業を行っています。
Eスポーツとは、ゲームをスポーツとして取り扱い、世界中のプレイヤーと競争する大会のことです。
近年ではAIの登場によってプロゲーマーを本業して行うプレイヤーの数は減少傾向にありますが、本校ではライターや動画の配信技術のノウハウもレッスンで説明しています。
そのため、ゲーム会社のレビューユーザーになったり、広報担当として活動することもできるようになるでしょう。
他には、キャラクターのデッサンなどのデザイン関係のコースも用意されています。
以上のことから、埼玉県の通信制高校は大学受験を目的とした学校の他に、不登校や引きこもりの学生向けに通学や卒業を目的とした学校、最新のゲーム開発やアニメ関係の授業が中心となっています。
他にも、プログラミング関係の授業を行っている通信制高校も存在します。
勇志国際高等学校ではITビジネスコースが用意されており、情報処理技術者試験のひとつであるITパスポート試験の合格を目的としています。
ITの活用力を中心とした授業を行っており、基本のワープロソフトの他に表計算ソフトの扱いやプログラミングの授業も行っています。
代々木アニメーション学院でも、ゲームクリエイター科というコースが用意されており、最新のゲームプログラミング技術を習得可能です。
ゲームクリエイターとして仕事ができるように、実際に開発現場で求められる高度なスキルを教育しています。
埼玉県の通信制高校では、生徒の進路一つ一つに合わせて様々なコースが用意されており、今が引きこもりや不登校であったとしてもそれぞれの個性を活かして、社会人としてやり直すことができるようになっています。